INFOMATION

  • 2019.6.27 湯口行政書士事務所のウェブサイトが新しくなりました。

BLOG

食からの後見・信託からの食

とにかく昨晩から良いものばかり食べてます昨晩は長男繋がりの友人に間に入ってもらい、・・・

記事を読む

健康体操体験

会いたかった人にやっと会えました!終活カウンセラーとしてエンディングノート書き方講座に・・・

記事を読む

勉強な1日!

今日は、記念すべきブログ初投稿になります。しなくちゃしなくちゃと思い続けて早1か月!・・・

記事を読む

こんな方が対象です

ひとりで悩まずまずは相談してみてください

対象者の詳細はこちら

サービス案内

終活支援サポート

最後まで自分らしい人生を送るためにと前向きに考える終活。 当事務所はよりよい明日を生きるために対象は問わず、終活サポートを支援します。

詳しく見る

相続・遺言書作成

最愛の方がお亡くなりになり相続が始まると、悲しみに浸る間もなく、手続きを進めなくてはなりません。不要なトラブルを避けるためにもしっかりサポートします。

詳しく見る

民事信託(家族信託)

信託とは、財産を所有する委託者が受託者に財産の所有権を移転(信託)して、受託者は信託による利益を受ける受益者のために、財産の管理や処分を行います。

詳しく見る

成年後見制度

成年後見制度は、例えば認知症で判断能力が衰えてしまった方がいる場合、周囲の方が後見人となり、その方の財産を不当な契約などから守ることができる制度です。

詳しく見る

プロフィール

大学では心理・教育を専攻。小学校教諭の免許も取得。母が自閉症・ダウン症・学習障害のある子供達の塾を開いていた関係で、そこを継ぐことを考えた時期も。
しかし、法律を勉強したい、現場ではなく教育や福祉のサポートをしたいと考え、行政書士資格を取得。
高校生の時に離れて以来、一度も会っていなかった父親が2013年に孤独死し、死際にも会えなかった経験から終活の必要性も感じ、終活カウンセラー上級資格を取得。今は終活をテーマにしたボランティアグループでも活動している。
2018年、任意後見契約を結んでいた大叔母の認知が進んだことを機に前職の不動産業を辞め、開業。民事信託の有用性にも目を付け、家族信託専門士を取得。
『必ずこの方法がいい』という決め付けをせずに、まずはその人に寄り添い、最善の方法を一緒に考えてあげられる行政書士を目指して、日々研鑽している。
2児の母。趣味はソフトボール、ドライブ。特技は反復横跳び、文章を書くこと。

終活問題、民事信託、相続手続・遺言書作成、後見制度活用などお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

湯口行政書士事務所は、首都圏エリア~個人に関する民事法務を中心にした行政書士事務所です。

Copyright© 2018 湯口行政書士事務所 All Rights Reserved.